ガチ体験記

2017/1/19 更新

那 月

グラビアアイドル以上の、グレートすぎる"ダイナマイトボディ"と"清楚可憐なアイドル並みのルックス"をあわせもった女性、それが那月さんだ。

「一見の価値アリ」とはよく使われる言葉だが、彼女の極上の"美爆乳"にはそれ以上の価値があると言わざるを得ない。
那月さんのオッパイは・・・見るだけにとどまらず、触ったり、吸い付いたり、顔に挟んだりと欲望の限りを尽くすことができてしまうのだから。

誰しもが触れたい、抱きたいと思わずにはいられないその豊満なオッパイを携えたボディは最早、別格・・・Special in special。

初めて彼女の美爆乳を見た人は

「なんじゃこりゃぁ!!!!!!!!!!」

と心の中で歓喜の雄叫びをあげるに違いない。
写真ではブラジャーに納まっているが、このブラジャーをハズした際の、飛び出したオッパイの迫力は・・・言葉では言い表せないほどの衝撃だった。
私はそのオッパイに、文字通り目が釘付けになった。

美爆乳。

とてつもなく大きく・・・白くとても綺麗で・・・ブルルンとたゆたう様は凄く美味しそうで・・・清潔感漂い、それでいて生唾を飲み込んでしまうほどのエロスを感じさせてくれる。アンビバレンツな、イヤラシイさに満ちたオッパイ。

その今までの人生の中で、まだ一度も見たことが無いほど巨大な彼女のオッパイは、細く締まったウエストとも相まって、Gカップ以上の迫力を私に見せつけてくれた。

ドーンと飛び出たオッパイの存在感は半端なく、私見ではA、B、C、D、E、F、G・・・H、Iカップ位の大きさに見えた。
ちなみに「1年に1カップずつ位大きくなってるんですよ」と成長中なようで・・・まだまだ大きく育つことに驚愕。

小顔の彼女の、顔ほどあるのではと思われる、その巨大なオッパイ。
ビッグサイズであるのにも関わらず、重力に負けずに垂れパイになっていない事も、彼女のオッパイの美しさに拍車をかけていた。
それは彼女の21歳と言う若さだけでは無く、学生時にしていたスポーツで鍛えられているからこそであろう。

その美しさは"神々しい"と言っても過言ではない。

こんな神秘的な体験を生きている内に、一体何度味わうことができるのだろうか。
確実に指で数えられる回数ほどしか、そんな感覚を体験することは出来ないだろう。

彼女の美爆乳は

ずっと見ていられる。
・・・見ていて飽きない。
そして、ずっと見ていたくなる。

あまりもオッパイがアメージングなのでその部分ばかり書いてしまったが、忘れてはならないのが、オッパイ以外の身体もため息が出るほど魅力的なことだ。

例えば、大きめの揉み応えのある形の良い桃尻は・・・丸みが艶っぽくセクシーで、ワシ掴みにして揉む喜びを存分に味わえ、腰のクビレはキュッと締まり、その上に続く爆乳へと繋がる女性的なラインの美しさが、男性の生殖欲求の本能を刺激してくる。

那月さんの身体全てが、男性の理想像でダイナマイトボディの代名詞、フ○コちゃん顔負けのミラクルボディなのである。
グラビアアイドルとして活躍していても全く不思議ではない・・・いや、活躍できる・・・いや、人気が爆発するであろう即戦力ボディだと断言できる。

また、とても重要な事なのだが・・・
そんな素晴らしいボディを持ちながら・・・
なんと・・・見た目もとてつもなく可愛いのである。

爽やかで、純情さ溢れ、清らかで、そして可愛いさと美しさを併せもったお顔は、あの清純派若手女優似の美少女。
年齢的に美少女ではなく美女なのだが、彼女のまだあどけなさの残る処女性さえ感じる清純さと、瑞々しさから、美少女の印象を強く感じたので、あえてそう書かせて頂いた。

私は見た目もキュートすぎる美女で、若さ溢れる瑞々しいダイナマイトボディの彼女を抱けることに、興奮しすぎなほど興奮してしまった。
百戦錬磨の男性であっても大興奮してしまうこと請け合いの彼女だけあって、私の興奮度は、普段の「興奮した」と言うレベルでは無い。
全身が滾り、息子はお腹につくほどソソリ勃ち、鼻息もフーフーと荒くなっていた。

もちろん最初はオッパイに貪りついた。
誰でも必ず"100%"そうしてしまう事だろう。
彼女のオッパイは、そう断言できてしまうほど、あまりにも魅力的すぎる美爆乳なのである。

かなりの大きさだけあって、その触り心地は、圧倒的満足感を与えてくれる。
柔らかさと弾力が、これでもか、これでもか、と私の手の平へ主張してくる。
そして・・・揉んでいる手がオッパイに埋もれてしまう・・・その視覚的エロ度は爆乳ならではだろう。
胸の谷間に手を入れれば、手どころか腕まで挟みこんでしまうほどだ。

彼女のオッパイに手を挟むとプニプニ、ムニムニの得もいえぬ感触に包まれ、私はとても幸せでエッチな気分になった。

さらにスベスベのお肌とも相まって、揉んでも揉んでも、すぐまた揉みたくなってしまう、まさにミラクル乳。
これほど揉み応えのある美爆乳と出逢えることはそうそう無いので、かなりの時間堪能させて頂いた。
それでもまだまだ・・・ずっと揉み続けたくなってしまう魅惑的なオッパイなのである。

またビッグパイは乳輪も大きい、と勘違いしている男性も多いと思うが、彼女のオッパイは乳輪、乳首とともに白い巨大マシュマロの大地に控えめに、可愛らしく存在している。

その様も美乳だと思えた要因の一つだ。

さらに反応・感度も良く、オッパイを弄んだり、攻めることがとても楽しかった。
特に、初めはとても恥ずかしそうにしていた彼女だが、攻めていくほど、どんどんと甘く卑猥なあえぎ声をあげていく様に心(息子)打たれた。

まだエッチの経験が少ない女性に特有の、身体を見られることはもちろん、感じる姿を見られてしまう・・・感じる声を聞かれてしまう・・・・感じてしまって恥ずかしい・・・でも敏感な身体は正直で・・・・。

そしてついには快感に負け・・・大きな声でアエいでしまう。
そんな純情な一面を感じ取れたことが、私の興奮度を臨界点以上に高めた。

私は興奮でわけがわからなくなる。
それは・・・射精感にも似た、頭が真っ白になる状態。

そして彼女のチロチロとしたかわいい舌で優しく嘗め回してくれるフェラチオや、爆乳を真下から見上げることのできる大迫力の騎乗位スマタなどを堪能した。

特に巨乳と騎乗位スマタの相性はすこぶる良かった。
リアルに目と鼻の先でタップンタップンと重力運動を繰り返す彼女の爆乳から、片時も目が離せなくなってしまうはずだ。
この迫力のエロ度は、他の追随を許さないほど圧倒的な淫猥さを持っていた。
さらに清純さ溢れる那月さんが嬌声を漏らしながら腰を振り乱れる姿もくわわり、淫靡度のメーターはMAXを振り切るほど上昇した。

そして私は・・・気づけば、彼女を抱きしめていた。

身体に密着する、オッパイのプニプニとした感触がたまらなく心地良い。
そのまま彼女の柔らかい唇にキスをして、舌を絡ませあう。

最後は・・・優しい性格の那月さん、私の欲望を全て受け止めてくれた。

彼女を仰向けに寝転がらせ、イヤラシクたゆたゆと揺れる美巨乳と、快感の渦に飲み込まれる那月さんのセクシーでいて透明感のある、かわいいヨガリ顔を見ながら・・・私は頂点へと達したのであった。

全てが極上。
そんな女性と肌を重ねられる喜びは、男性としては究極の悦びである。
それだけに満足感も、常軌を逸するものがあった。

グラビアアイドルを抱きたいと思われている方々。
それ以上のボディとルックスを持つ魅惑的な女性が、レイマリに在籍している。
彼女が在籍している間に、是が非でも一度遊んでみることをオススメしたい。

那月さんの清らかで瑞々しい可愛さと、
バランスの取れた奇跡的なダイナマイトボディに

「会いに来て本当に良かった」
と思わずにはいられないはずだ。
そして彼女と抱き合った満足感は、最上級の男の悦びとして、貴男の記憶に残り続けるはずである。

ご予約&
お問い合わせ
お店に電話する