ガチ体験記

2017/1/19 更新

バニラ

"端整"な顔立ち。
この言葉が、これほど似合う女性はなかなかいないだろう。

大きな瞳に高い鼻・・・
一つ一つのパーツが美しく、整っており、バニラさんのとても上品で美しい。
その整いすぎている、と言っても過言で無いほどの美顔の持ち主で、驚くべきことに20歳とは思えない大人の妖艶なフェロモンを醸し出していた。

彼女を包む、艶めかしくも洗練された上品なオーラに、私は惹きつけられ彼女から目が離せなくなった。
さらに知的さを感じる目力のある瞳、胸下まで伸びるワンレングスのサラリとした黒髪、天に向かって高くそびえる鼻、どこを見ても綺麗で・・・その美しすぎる顔立ちは日本人離れしていて・・・エキゾチックさをも感じるほど整っていて・・・私は彼女を見つめ続けた。

するとバニラさんは恥ずかしそうに、照れ笑いを浮かべた。
その顔はまだ少しあどけなさの残る・・・純粋さを感じさせる可愛らしい笑顔で・・・先ほどまでの大人っぽさとのギャップ差に驚かされた。

また私がソファに腰掛けると
「隣に座っていてですか?」など聞いてきたりと、礼儀も正しく、育ちの良さも伺わせる。

そんなバニラさんに抱いた印象は、"良家のお嬢様"である。
見た目が整いすぎたパリっとした彼女なので、喋りづらいのかと思えば、とてもフレンドリーですぐに打ち解けて、楽しいトーキングタイムを過ごすことができた。

服を脱がしてみると、嬉しいことにスレンダーなボディーにある育った大きな果実を発見した。
何カップ?と聞いてみるとEカップとのことで、ブラジャー越しでもその大きさがとてもよくわかった。
彼女の後ろに回り、スラリとした綺麗な背中を見ながら、ブラホックを外す。

ドキドキしながら彼女の前に回ると、迫力のあるEカップオッパイとご対面した・・・。
ぷるるん、と言う言葉がしっくりする美巨乳の持ち主で、まさにバニラさんが動く度に「ぷるるん」と揺れるその様は、とても美味しそうであり、貪りつきたい欲求を誘う。

もちろん今日はその欲求を我慢する必要が無い。
欲望のままにバニラさんの小さめの吸い付きやすい乳首に貪りつく。

あわせて手はお尻を揉みしだく。
お尻も、ぷりんっと音が鳴るような桃尻の持ち主で、見ため、揉み応え共に素晴らしい
ピトっと手に吸い付くようなお尻の肌触りと、顔に当たるE乳の柔らかさがとても心地良く、私は幸せに包まれた。

そしてすぐに
「アッ・・・ハァッ・・・ンッンンッ」
と、セクシーな吐息がバニラさんの桃色の唇から漏れ出す。

とても敏感なボディーを持っているようで、乳首を舌で転がしたり、舐め上げたりする度に
「アッ!ンッ!」と喜びの声をあげる。

またバニラさんのアエギ声はとても色っぽく、セクシーで・・・何と言っていいか・・・そう、"艶やか"さを兼ね備えており・・・とてつもなくエロく、もっと感じさせてもっとたくさん彼女の淫らな声を聞きたくなった。

瑞々しい張りと弾力のあるオッパイを揉みしだきながら、キスをした後、彼女の脚を開き一番みたい場所を凝視する。

小さめのクリトリスや大陰唇、小陰唇は綺麗に整っており、穴の部分の下側にキラリと愛液が光っていた。
しっとりと濡れはじめたバニラさんの秘貝は、まるで宝石のような美しさがあった。

キュッとしまった膣内に指をゆっくりと挿入していく。
ヒダヒダが指に絡みつき、グニグニと私の指を愛撫してくるバニラさんの膣内。
私も負けまいと優しく中で指を動かす。
すると今までより、さらに色っぽく艶やかなアエギ声をあげて・・・悶えはじめた。

思う存分バニラさんの艶声を満喫した後は攻守交代。
濃厚なキス後、舌をチロチロと私の乳首を嘗め回してくれた。
最初はペーロペーロと優しく、そしてじょじょにチロチロチロチロと高速になる舌使いに、私も悶え始めた。

高速舌使い乳首舐めや、熱心に亀頭をペロペロと刺激する舌使いのフェラチオもさることながら・・・彼女の真骨頂は騎乗位スマタだ。

おしとやかな彼女が私の上に跨がり、腰を振る。
この状況を下から見上げるで興奮ものなのだが・・・彼女の腰振りは凄まじかった。

今まで見たことの無い・・・高速腰振りなのである。

圧巻、の一言であった。
長年この業界に身を置いている私でさえも初めての体験する、驚速。

長いサラサラした髪をふり乱し・・・
Eカップのオッパイをタプタプとイヤらしく揺らし・・・
「ハァ〜、ンッ!ンッ!ァアッッ!」と淫らな声をあげながら・・・

シュコシュコシュコシュコシュコ!!

と、誰もが驚くほどのスピードで私の股間に、自分の秘貝を押しつけて擦りあわせてくるのだ。

目鼻立ちの整った小顔美人で、素直で優しく純朴なバニラさんが・・・腰を猛スピードで上下に、左右に、グルグルと・・・。
めざましく変わる方法で、様々な組み合わせで、私の愚息を刺激してくれる。

そのテクニックも凄いのだが、下からその様子を見上げる視覚のエロさと・・・予想だにしなかった衝撃的な光景を目にした興奮度は・・・計り知れないほど大きく凄まじかった。

嬉しすぎるサプライズに私は、もはや発射寸前。
いってもたってもおられず、彼女を寝かせ上から覆い被さる。

バニラさんのぷるるんとした唇に舌を這わせ、ヌッと間に差し入れ、舌を絡ませあう。
そして最後は彼女と繋がったまま、最高の発射を味わうことができた。

20歳のおっとりした上品なお嬢様が繰り出した激しい腰振り。
整った顔立ちの美女を抱けるだけで大満足であったが、大人びたセクシーなアエギ声などのギッャプのエロさと、驚きのエロセンスに、大大満足した90分であった。

ご予約&
お問い合わせ
お店に電話する