ガチ体験記

2017/1/19 更新

今回潜入体験した杏さんは、私が想像していたとおりの美人で・・・そして「笑顔」がとびきり似合う女性であった。

彼女は常に笑顔で、私が口を開くと満面の笑みで応えてくれる。
全てを受け入れてくれる彼女の笑顔は、とても話しやすく、話していることが楽しくなり、親しみが愛情へとすぐに変わってしまうほど圧倒的に全てを包み込んでくれる。

それはまるで魔法のような笑顔で・・・全身から“やさしさ”が溢れて、その優しさが目に見える笑顔として表れている、癒しのオーラに満ちた聖母のような女性なのである。

杏さんがそんな女性だからこそ、ベッドに入ってからの魅惑の時間を想像し・・・私の中に渦巻く欲望と願望もすべて受け止めてくれるんじゃないだろうか・・・そう思ってしまうほど慈愛の満ちた彼女。
自然とプレーへの期待に胸が高鳴る。

そしてホテルに入りベッドに腰かけ、私は杏さんの美体を目の当たりにした。
細く、スレンダーな身体は美しく、美脚と色白の肌がとても綺麗で目を奪われる。

さらに美しさを感じたのが、胸下から腰近くまで伸びるサラサラのロングヘアーだ。
杏さんの女性を強く感じることのできるシルエットは、"美"と"癒やし"に溢れていて、彼女の魅力を何段も押し上げている。

また杏さんの動きに合わせてゆらゆらとなびく髪の毛からは、落ち着き心がホッとするような甘い香りが漂っていたことも高ポイントだ。

そしてガツンと来たのが、髪を束ねる仕草と、髪を束ねてあらわになった彼女のうなじだ。
・・・これが本当の「色気」と言うものなのだろう。

大袈裟に聞こえるかも知れないが、私は感動した。
正直に告白すると、彼女のうなじを見るまでは、女性のうなじにこんなに色気を感じる事があるなんて思いもしていなかったからだ。
彼女の仕草とうなじは・・・ボーっと見惚れてしまったほど、美しかった。

ベッドに入ると、彼女の全てを感じたくなっていた私は、杏さんの身体中をまさぐった。
彼女の、しっとりとしていてスベスベとした肌は、触り心地がとても良い。
抱きしめて肌を密着させて、彼女の全身の感触をダイレクトに味わう。

すると杏さんも抱きしめ返してきてくれ、幸福感で体中がいっぱいになる。
こんなにも幸せを感じることのできるのは、本当に優しく包み込んでくれて、私の全てを受け入れてくれる彼女の性格のおかげだろう。

安心感のある幸せを肌で感じながら、私は杏さんのオッパイに手を伸ばす。
ほどよく手に収まるCカップのオッパイは、とても柔らかく、ワシ掴みすると指がオッパイにくい込みとてもイヤラシイ。

また腰からヒップにかけての魅惑のラインも、特筆ものであった。
中でもキュッと締まったクビレから連なる、ハート型のヒップはとても美しく、見た目だけでももちもちスベスベしている様が伝わってくる。
きっと頬ずりしたくなってしまうことだろう。

そして優しく触るととても柔らかく、ワシ掴みにすると弾力がある。
見た目、触り心地、揉み応え・・・いずれも最高レベルの美尻に、しばらく時間を忘れて愛でることに夢中になってしまった。

さらに、驚くべき事に彼女の股間には、あるべき茂みがない。
そう、パイパンなのである。

ツルツルの恥丘から垣間見えるイヤラシイ割れ目に、興奮度のボルテージはボンッと急上昇した。
杏さんは「してほしいことがあったら何でも言って下さいね」と言っていたので、股を開いて秘貝を見せてと希望した。

「はい・・・」
とモジモジと恥ずかしそうにしながらも、自分で脚を広げていく彼女に私のS心が刺激される。
私は、無毛の丸見えマ○コをじっくりと視姦し、目に焼き付け、指で小さく可愛らしいクリトリスを撫で上げた。
すると「あぁんっ」と可愛らしい悩ましげな声を漏らす杏さん。

しばらくクリ攻撃をしていると杏さんのマ○コには愛液が溢れてきた。
そして彼女の可愛らしい萌えるアエギ声の大きさに比例して、少しずつ量が増していく。

聖母の笑顔から・・・悦楽に興じる女性の顔へと変わる・・・このギッャプのエロさは格別であった。

攻守交代後は杏さんの御奉仕を堪能させて頂いた。
自分が尽くすことによって、相手に喜んで貰えるのが嬉しいようで・・・根っからのM体質なのだろう。

乳首舐めやフェラチオも、やさしく舐めてくれるのが特長だ。
例えばフェラチオは、口の中にしっかりと唾液を溜め、天然ローションとして滑りのよくなった舌でウラスジに這わせる。
そしてやさしく口をすぼめてくわえ、ゆっくりと味わうようにフェラチオに没頭していた。

最後には、優しさの溢れる性格の杏さんは全身で私に尽くしてくれ・・・私のわがままも叶えてくれた。
私の身も心も全て受け止めてくれたのだ。

そして悦楽の昇天後は、ベッドに横になって抱き合いながらお喋りをしていた。
間近で彼女の美しさをまじまじと見ていると、私の中にムクムクとさらなる欲求が生まれてきた。
杏さんとの時間のフィナーレに、もう一発花火を打ち上げたいという欲求が。

私は、もう一回出したい事を彼女に告げた。
普段なら恥ずかしくて言いづらかったりもするのだが、杏さんは笑顔で受け入れてくれとわかっていたので、すんなりと伝えることができた。

「うん。出して。私どうしたらいいかな?」と言う彼女に、私は「自分で息子をシゴクので、玉を触りながら乳首を弄ってキスをして」とこたえる。もちろん杏さんは「私がするよ」と申し出てくれたが、私は自分でするのも大好きなので、私の指示に従ってもらう。

従順な杏さんは「じゃあ手伝わせていただきますね」と笑顔で、私に密着しディープキスをしながら、乳首と玉を触ってくれたのは言うまでもないだろう。

先ほど私を全身で受け止めてくれた事や、自分自身でシゴくのを手伝ってもらった事など、半ば私の“わがまま”と言えるような願望にも、一生懸命応えてくれた。

2回も自分のしたいような射精ができ、とても充実した濃厚な時間が過ごせたのは、まさに杏さんの慈愛に満ちた性格のおかげである。
見た目の美しさにくわえ最高峰の性格の良さ、さらに愛に満ちた杏さんとのプレーは、きっと誰しもが満足できることだろう。

ご予約&
お問い合わせ
お店に電話する