彼女以上の淫乱体質は存在しません。 超絶卒倒エロ思考…ローズ(22)体験デビューへ!
詳細ページ

2018/12/15
彼女以上の淫乱体質は存在しません。 超絶卒倒エロ思考…ローズ(22)体験デビューへ!

皆様。。。

日々のストレスの発散。。。
性を満たしての開放感。。。
非日常的な快楽への妄想。。。

それらを叶えてくれる特別なエロ思考と体質を持つ美女を射止めました。
このエロさ…
この感度…
この積極思考は本物です。


始めに申し上げておきます。
彼女の素直過ぎる体質…
完全に制御が出来ておりません。
これぞ「制御不能のエロ体質」…実在です。


イキます…何度でもです…。
叫びます…卒倒しながらの絶叫です…。
懇願します…自ら腰を振り乱すほど…。
吹きます…素直過ぎる感度の良さゆえ…。


まさに理想を超える超絶なエロ思考…エロ体質。
それを実感したのは、撮影時のことでした。

バランスの取れた美しいモデルスタイルの持ち主である彼女。
九州出身のパリッと美しい綺麗な女性です。
愛らしく、優しく、愛想良く、謙虚で素直な人柄も好感が持てます。
大らかな人柄も◎◎◎

スラーッと高身長で、長く伸びる美脚…
絶妙に張り出す美尻がなんとも男の性欲を駆り立てる女の子です。
モデルスタイルゆえ、胸のサイズは小さいながらも、
…でも、感度がいぃから許して下さいね…と…可愛い告白も。



撮影を始めると彼女の表情は一変します。。。
カシャ…カシャ…と切られるシャッター音と共に、
見る見るその表情は淫靡に。。。

服を脱ぎ出すとそのボルテージはさらに拍車がかかり…
半開きの唇から…僅かに漏れる吐息が。。。

パンティーストッキングをずり下ろすシーンからは、
その体質の素直さからか…
ハンパない濡れっぷりがあらわに。。。

しっとり…透明な愛密が、ストッキングを越えてあふれ出す始末…。
グラビアの後半には、破られたストッキングの隙間から細い指で秘部をまさぐるシーンが連続します。。。

撮影しながらパンストを破いたのは私ですが…
破かれながら、彼女のその恍惚とした表情は、見る見る男性を求める欲求にあふれた表情に。。。

ストキングの中で淫靡にまさぐる細い指…
これ…彼女が自ら始めた行為なのです。。。



宣言いたします。
これほど感度が素晴らしく…
性欲が強く…
エロスへの前向き思考な女の子は、滅多にお目にかかれる物ではございません。
ちょっと…驚くほどのエロチズムなのです。


彼女の性嗜好を聞き取る内に、その旺盛な好奇心に驚かされました。
「男の人に喜んでもられるなら…何でも応えてあげたいです…と…
「求められるなら…何でもトライしてみたい…」とも…

意地悪な私…
○※△を丹念に舐めて…と求められたら?を
「はい…喜んでさせていただきます…」

※○を△※で…と求められたら?
「求められなくてもしちゃうかも…」

・・・なコトは?
「大丈夫。。。してみたいです…」
「何も考えず、本能のまま楽しんでみたいんです…」と彼女…。

じゃぁ…無理だと思うけど、もし…○△※※○△※をしてみたいとご要望があれば?
「…それ…私も興味あるので。。。」


全てのエロい質問に前向きな答えばかりの彼女…
最後にこの質問をぶつけてみました。


もし…
お客様が、3Pをしてみたい…って要望されたら?
「・・・私もしてみたいです・・・」とのお返事です!

急ぎ、他の女の子に聞き取りと面談を始めます。
彼女との3Pにトライしてみたい女の子が見つかれば、早速特別コースとしてご案内させて頂きます。

で…そのあとの彼女の告白が…
「出来れば…男性2人と私…そんなのもしてみたいかな…」

これは…本物です。
ご希望のお客様が二人揃えば対応させて頂きますので、ご予約時にお申し出下さい。



この前向きな性思考には、彼女なりの訳がありました。
ほんの僅かな短期間ではありますが、彼女…
北新地の某高級クラブで、つい最近までアルバイトの経験がございます。
しかし…高級店ゆえ、お客様と簡単にそんな関係を許しては商売になりませんし、
また…余計な噂が流れお仕事をし辛くなってしまいます。

素敵な男性と巡り逢っても、そのお客様が別のホステスの上客だったりする事が大半で、そこに手を出すと女の子同士でもめる原因に…。
そんな葛藤にうんざりした彼女…
「何も考えずに、本能のまま素敵な男の人と楽しめるなら…」と、働く環境が最も良いお店と聞いて当店の面接に来られた次第です。


趣味は、旅行とお料理…と家庭的な一面も。
もう一つの趣味は…
「男性が自慰行為をしているのを見ると、とんでもなく興奮してしまって…」
「絶対にストップできなくなる自信があります…」
との告白も。。。



日頃からお仕事を頑張る皆様にとって、
日常の忘れ得る特別なエロ美女との深く熱い関係…
ストレス発散と願望達成の為には、またとないパートナーである事は間違いございません。
一度彼女と肌を深く重ねれば、その快楽…その余韻はクセになってしまうはず。

皆様…
気兼ねなく、欲望のままお楽しみ下さい。
それは、彼女にとっても悦びでもあるのですから。。。