• コンパニオン
  • 出勤情報
  • 料金システム
  • 交通アクセス
  • スペシャルコンテンツ
  • 新人情報
  • ブログ
  • 会員様ログイン
  • スマートフォン版
  • メールマガジン
  • MOBILE SITE

PLAY DIARY | ガチ体験記

人気風俗ライターB氏の「秘密のガチ体験記」

2017/1/19 更新

うらら

彼女と初対面した時の衝撃は、今でも忘れられない。
こんなに綺麗な女性と遊べる事に、私はとてつもなく驚かされた。

想像以上の綺麗さ、可愛さで・・文字通り「芸能人顔負け」だったので、本当にこの女性を今から抱けるのか?・・・人違いか?・・・などと少し頭が混乱してしまったほどだ。

さらに綺麗さだけではなく、春の青空のような透明感と清楚さもあわせもっており・・・うららさんがニッコリと微笑むだけであまりの可愛さに見とれてしまう。

新地などの超高級クラブでさえ、お目に掛かることはそうそうできないであろうほどの、美女。
それが、うららさんである。

モデルになれば仕事の依頼がひっきりなしにくるであろう。
ただ本人はモデル業に全く興味が無いそうで、勿体なさを感じたが、そのおかげで今回巡り会えたのだからヨシとしたい。

また最上級の美しさ、可愛さを持ったうららさんだが、その事を少しも鼻にかける事も無く、上品でいて、とてもフレンドリーで・・・話しやすくすぐに打ち解けることができた。距離感が近く、まるで私に本当に超美人の彼女ができたように過ごせ、喋っていて楽しく、ウキウキ、ドキドキとした。

そして彼女はただ美しいだけではなく・・・全てが洗練されていた。

今日の為に(このプレーの為に。もちろん私は潜入なので、初めてのお客さんと言う事になっている)セットして来たという整えられたヘアーに、メイク、アクセサリー・・・など身だしなみは完璧。いや、完璧以上。

色も白くスラリと伸びた手脚に、私の半分位なのではと思うほどの美しい小顔、艶やかにピンクに色付いたとても柔らかそうで瑞々しい魅力的な唇、食べてしまうほど愛らしい耳・・・と枚挙にいとまがない。

例えばその白雪のような肌は・・・高級シルクの様になめらかスベスベで・・・ずっと撫で続けていたいと思えるほど、触っているだけで手が癒やされ気持ちが良いのである。

それもスラリと伸びた細く長い脚、情欲をソソル女性的な綺麗で華奢な背中、無駄な肉がついていないお腹に至るまで・・ありとあらゆる場所が・・・至高の肌触りなのである。

裸でうららさんと抱き合っているだけで、彼女と触れている場所が心地良い。
私は、海のように広大で、波のようにたえ間ない、悠久の幸福感に浸った。

特に彼女のDカップで大きめのバストは、マシュマロとグミの間のような魅惑の弾力と、そのスベスベとした肌触りが相まって、ずっと揉み続けていたい・・・もうこのオッパイから手を離したくない、と言う気持ちにさえなった。

もちろん「美女の身体を触っている」という興奮も肌触りの体験をワンランク上のものにしている可能性もあるが、それも含め、この肌触り感は彼女と対面した時と同等の驚きがあった。

そして誰しもが、一番気になる部分。
ルックス、肌触りともに非の打ち所が無い彼女のアソコは、一体どんな形をしているのか。。
もちろん私も例に漏れず、一体どんな形をしているのだろう、どんな色をしているのだろうと言う想像が頭の中を駆け巡り、しっかりとうららさんのアソコを目に焼き付けたくなった。

恥じらう、うららさんに興奮を上昇させながら、両脚を押し広げる。

私の目に飛び込んできたアソコは・・・美麗。
まさにその一言だった。

その美麗な秘貝のイヤラシさと言ったら・・・もはや言葉にするのも難しい。
また私がオッパイを触り続けていたためか、美麗貝にはすでに愛液が滴っており、彼女の秘貝のエロさをより一層高めていた。

ズブリ。
私はドキドキしながら指を挿入してみた。
愛液の天然ローションでスルリと挿入できるかと思ったが、想像以上に入口が狭く締まりが良い。
さらに膣内の膣壁ヒダヒダが私の指にグネグネと絡みついてくる。

いわゆる"名器"なことに、私は驚嘆した。
いや、驚嘆しない方がおかしい。
彼女の全てが最高なのだから。

天は・・・彼女に何物も与え給うたか。
そんな天に祝福された女性を抱ける喜びは、想像を絶する興奮と喜びを与えてくれる。
私は、うららさんが在籍しているレイマリに「彼女と出会わせてくれてありがとう」と言う感謝の念がたえない。

そして彼女の愛らしい唇から漏れるアエギ声は、控えめでありながら艶っぽく扇情的で・・・じょじょに控えめであったアエギ声が大きく・・・淫れ出していく様は"至極のエロス"を感じた。

私が彼女の身体を堪能した後は、微笑みをたたえ今度は私の番ね、と言わんばかりにうららさんは私の上にのっかかり、キスをしてきてくれた。すぐに舌を挿入するのではなく、ハムハムとうららさんの唇で私の唇を挟み込んで舌でチロチロと愛撫してくれたりと、じっくりと私の唇を愛でてくれた。そして悦びと気持ち良さで半開きになった私の唇の間に舌を優しく差し入れ、私の舌に絡めてくる。
ベロベロ、グチュグチュと何度もお互いの舌を絡ませあう・・・うららさんと繋がったこの時の幸福感は・・・絶頂時の快感に似た高揚感で・・その光景を目を開けて見ていた私の興奮度は、尋常ではなかった。

特別に綺麗すぎる彼女の、丁寧な、彼女の個性の出たキスに、息子はビクンビクンと脈打ち、先走り液もとめどなく放出される。
この先走り液の量がいまだかつて無いほどの出方で、自分の興奮度の高さを再確認できた。

ちなみにうららさんの普段の明るく爽やかな性格が、プレーでは可愛いらしくドンドン淫らに積極的になるのだが・・・そのおかげで私の欲望を、私の望みを、彼女は全て受け止めてくれた。

あの気持ち良さと感動は、今でも夢のような体験で・・・最上級の美女を抱けたことは私の誇りの一つになった。

私はホテルを出る前に、もう一度彼女とキスをした。
うららさんとキスがしたくて、たまらなくなったからだ。

可愛さ
綺麗さ
美しさ
可憐さ
上品さ
清楚さ
清潔感
透明感
セクシーさ
艶やかさ

などなど、ありとあらゆる魅力を兼ね備えた女性に、プライベート(仕事ではあるが)で初めて出逢ったからである。

この機会を逃すと、これほどハイレベルな女性ともう二度とキスができないかも知れない。
これは・・・男としての種の保存本能だったのかも知れない。

本当はもっと一緒にいたい、もう一度彼女を自分のモノしたい、と強く思ったが・・・時間とは無情である。

抗えぬ時間への最後の抵抗として・・・キスをした。

最後の最後まで、時間ギリギリまで・・・

うららさんを味わっていたくて。
うららさんを離したくなくて。
うららさんが恋しくて。

正直なところ、プレー中は興奮に脳内と体中を支配されてしまっていたので、このキスをしてとても良かった。
今でもまだ鮮明に彼女のふわふわ、プニプニした唇の柔らかさを覚えている。

普段は抱くことすらできないであろう、芸能人級の美女との接吻の記憶は・・・それだけで今でも私の征服欲を満たしてくれている。

彼女とのプレーが、最高、だったことは言うまでも無い事だろう。
先走り汁はもちろん、脳汁の分泌量が、私が生きてきた約40年の人生の中で、一番多かったと自信を持って確信できる。

ルックスだけではなくプロポーションも性格も良く、さらには触り心地、抱き心地も最高で・・・そんな彼女を抱けたことは・・・私にとって奇跡と言ってもいい90分であった。